散らからないために。

散らかるから、片付ける。

当たり前ですよね。

すなわち、散らからなければ、片付けなくても良い。

そう言う事です。

でも、なかなか「散らからない」って状況を作りだす事が出来ない。
僕の理想とするおウチ環境とは、この「散らからない」空間を作り出す事にある。

そのために、今日からすぐにでも実践出来る事がある。
それが、

吹き溜まりを作らない。

ポストからたくさんの書類を取って来て、思わずポンっと置いてしまう場所はありませんか??
コートやジャケットを思わずバサッと脱ぎ捨ててしまう場所はありませんか??
鞄をドサっと投げ出してしまう場所はありませんか??

そう言った投げ出された物たちを、ちゃんと片付けられれば問題ないのですが、ついついそのまま放置してしまうから、いつの間にか部屋が散らかってしまうのです。
この、部屋が散らかる初動となる場所。無意識のうちに物を置いてしまう場所を「吹き溜まり」と言います。

この「吹き溜まり」を拠点にして、少しずつ部屋は散らかって行きます。注意して見ていると、その過程が解ります。

ソファに投げ出したジャケットは今日来た1枚だけですか?
ダイニングテーブルの上やカウンターの上に放り出したチラシは、今取って来た物だけしかありませんか?
隅っこに投げ出された鞄は、そのまま明日も持って行くのですか??

この「吹き溜まり」がどこに出来やすいのか。これを把握する事であなたのおウチ環境はグッと散らかりにくくなります。
まずは、無意識に置いてしまい難いなこの「吹き溜まり」物を置かないように気を付けて見ましょう。
それが、無理だったら、あらかじめそこを「置き場所」として決めて、箱などを設置しましょう。

カウンターの上に、チラシを一時的に入れておく箱を設置してみる。
ソファの近くにコート掛けを置いてみる。
鞄を投げ出しがちな隅っこに、鞄を借り置きするためのカゴを置いてみる。

そうする事で、物にアドレスをちゃんと与えてあげるのです。

そういった所からスタートしてみると、少しずつ「散らかりにくい」部屋を作れるようになりますよ(^^♪

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)