男の働き方

以前、あるセミナーに参加した時に講師を務めていらっしゃったパパ料理研究家の滝村雅晴さん。
彼のブログを毎日読んでいるのだが、今日の記事にこんな事が載っていた。

「家族のために」が「みんなのために」そして「自分のために」
「パパ料理」が働き方を変える

※詳細はhttp://blog.livedoor.jp/tuckeym/

僕はもともと家事が好きな方なので、比較的積極的に家事には参加出来ると思う。
でも、世の中の男性、父親が家の事に積極的にコミットするのはまだまだ珍しい方のようだ。

でも、今社会は女性の社会進出に向けてほんの少しずつではあるが歩き始めている。
これからは男性、女性共に働く事の出来る社会になるべく、皆努力をしていくのだろう。

僕は、同時に男性が家庭に入る事が出来る世の中になればいいなと思う。

女性に選択肢が増えるように、男性にも「仕事」を選ぶ権利。「家事」を選ぶ権利があると、もっともっと個人の能力を活かせる世の中になるのではないだろうか。

だけど、その前に男性はもっと家庭にコミットしなくてはいけないと思う。
家事の大変さ、家にコミットする事の難しさを男性ももっと知らなくてはいけない。

そういった社会を作るために頑張っている人達がいる。上記した滝村氏もきっとそうだと思う。
僕も、自分に出来るやり方でもっと色んな人がたくさんの能力を発揮できるような社会を作るべく進んで行きたい。

「片付け」を通して、働き方、生き方、そして家庭の在り方を見直し、気持ちよく生活の出来る社会を作りたいと思う。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)