ちょっとした片付けのコツ

今日はちょっとした片付けのコツをお伝えします!

僕のお勧めする片付けは、とにかくひたすらに、物を減らす事が基本となります。
ですが、いくら物を減らしたとしても限界がありますよね。何にもない家に住む訳にはいかないのですから。

そこで、備え付けの収納や、手持ちの収納ボックスなどに物をしまって行くわけです。

どうやら皆、この「しまう」行為にばかり目が行ってしまって片付けが進まないようですね。
「しまう」事は片付けをする上で、そんなに重要ではないと、僕は考えているのですが、確かにどこに、どうやってしまうのかで、今後の片付けがやりやすいか、やりにくいかが決まってきます。

そして、片付けをするとなると、皆小分けに物を仕切りたがりますね。
これも、問題です。あんまり小分けに仕切ってしまうと、元に戻すのが大変になってしまう。もし、ご自身がかなり几帳面な性格であると言う認識がある場合はいいですが、おおざっぱゆえに片付けが苦手であるのであれば、仕切りはあまり細かく分けない方がいいでしょう。

さて、収納のコツですが、本当に当たり前すぎて「え〜!?」って思うかもしれません。でも、その位基本的な事が本当にちゃんと出来ているかどうかが、これからのあなたの生活に大きく影響してくるのです。

それが、

採寸

です。
僕たちインテリアや建築のプロは、収納や物の大きさ(モジュール)をある程度覚えていたりします。
だから新しい収納用品を購入する時にも、おおよその予想は出来るんですね。
それでも、新しく何かを買う際には必ずそこに入れる物の寸法は把握しておくように心がけます。

特に100均などで買う場合には、値段が安いだけに「これでいいかな」何て適当に買ってしまいがちです。
でも、買ってきた収納用品がもし入らなかったらどうしますか?何のためらいもなく捨てる事が出来ますか?別の個所で有効利用出来ますか?もしくは返品に行く手間を掛けられますか???

買う時には、上記のような対処をすればいいや、と思って買うんですよね。でもね、ほとんど出来ません。じゃあ、どうなるか?そこいらへんに放置されてしまいます。「いつか、どこかで使うかも」「何かに使えるかも」。
これじゃ、せっかく始めた片付けもまったく無意味に終わってしまいますよ。

物を減らしたいのか、増やしたいのか(+_+)

こんな事になる事のないように、新しく物を買う時には必ず計画を立ててから買いましょう。
物がある程度減ってくると、この計画が立てやすくなります。
だから、必ず今持っている物を整理して、必要な物だけにしてから、計画を立てるんです。それまでは、しまい方なんて無駄に考える必要はないんですよ!!!

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)