片付けの奥にあるもの

今日はクライアントさんのお宅で片付け指導を行ってきた。

片付けが苦手である以上に、彼らは色々な問題を抱えている。
個人的な悩み、家庭の事情、仕事での問題。

いずれにせよ、それぞれが抱えた様々な問題やストレス。

その問題やストレスは色々な形となって、その人に影響を与える。
肉体的にダウンする人。
精神的にダウンする人。
対人関係をうまく出来なくなってしまう人。

そんな、形の一つに「片付けが出来ない」と言うモノがある。

当然、人間は楽をしたい気持ちが強い。
すなわち、強いストレスを抱えていたりして自分に余裕がなくなれば、その行動の範囲が狭くなってくる。
その狭くなるなり方はとても極端なもので、中には一度座った場所から動けなくなる、動きたくなくなる、と言った形で表れる。

そして、その自分の行動に対しては様々な言い訳がある。

「疲れてるから」
「ここに置いておくとすぐに使えるから」
「しまうのが面倒くさいから」

どれも、一度くらいは身に覚えのある言い訳だと思う。
でも、この言い訳のスパイラルはある程度の所で、立ち切らないと、それが「片付けられない」と言う現象になる。

ポストから取って来た郵便物が、キッチンのテーブルの上にたまる。
脱いだ服がソファや床に脱ぎっぱなしになる。
リモコンは使った場所に常に置きっぱなしになる。

こうした現象が積み重なる事で、遂には「片付ける事が出来ない」部屋が出来上がる。

そういった部屋は一昼一夜で出来あがるのではない。少しずつ、作られて行くのだ。

「楽をしたいから」
「余裕がないから」
片付け何てしていられない。優先順位が低い、自分の家環境。

それは、様々な社会問題の裏に隠れた、一つの事象なのだと思う。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)