子どもと片付け研究家

「子どもと片付け研究家」になろうと思う。

「子どもと片付け研究家」って何?

tadaima!のミッションは、
「ただいま!」と言いたくなるような空間を実現する事で、仕事や生活に対して前向きに向き合う機会を創造する。

です。
つまり、大きな事を言ってしまえば、日本中の家が居心地の良い、帰りたくなるような家になるといいなって事。
家は本来、「巣」であり、そこに帰る事で鋭気を養い、リラックスし、明日にそなえる場所。

そう言った空間を作るためにいったい何が出来るのだろうか。

そこで出た答えの一つが「片付け」。

広くなくても、立派な持ち家じゃなくても、快適な「家」を作る事は可能である。そのためには「建物」としての家ではなくて、そこに住む「家族・人」としての「家」にアクションを起こす事。それが、ミッション達成のための近道だと考えた。

それに加え、さらに考えた結果。
「片付け」を特別な行為としてとらえるのではなく、当たり前の行為にしなくてはならない。そのためには、この物に溢れている日本に「新しい物との付き合い方」の価値観を広めて行かなくてはならないのではないかと、思った。つまり物と人との間に文化が出来るのだとすれば、そこに新しい価値観を埋め込んで行く。

親から子へ。

その子どもは、いつか親になり、また、その子へ。

「おふくろの味」やなんかと同じように、語り継がれていく「我が家の片付け」。

そんな社会が実現したら、みんなもう少しだけ、自分の家が好きになれるんじゃないかな。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)