捨てる事の大切さ

「片付ける事」と言うと、多くの人は「収納」の事を考えるようだ。

でも、それはちょっと違う気がしている。

収納を増やしたり、上手にモノをしまいこんだりする事は、対処療法でしかない。

例えば「見せる収納」。
これも、上手に綺麗にしまう事が大切なのではなく、「見せる」事によって自分の片付けに対する意識を高め続けられる事に利点がある。

例えば「ミニマルな収納」(ミニマルスタイル:モノをなるべく見せないシンプルなスタイル)。
これも、モノを全く見えないように収納する事で、散らかってしまった状態に違和感を持たせる。つまり、片付けに対する意識の向上こそが、利点。

例えば「デッドスペースをなくした収納」。
モノを上手に綺麗にしまう事で、モノの適正量を測る事が出来る事が利点。モノの適正量とは、自分のライフスタイルの中で本当に必要なモノの量の事。その適正量を明らかにオーバーしてしまう事で、部屋はどんどん散らかって行くのだ。

要するに、本や雑誌で取り上げられている「○○収納」「○○整理術」はそれらの目に見えてくる「表」の部分でしかない。
その収納を最大限に活用出来ている人は、その人がなぜその収納法を選んだのか、ちゃんと背景があり、自分が片付けにおいてどの部分が苦手かと言う意識がはっきりある。その状態で初めて「○○収納」を選ぶのだ。

そういった「裏」が解らないまま、表面だけをまねしようとするから、いつまでたっても片付けは出来るようにならない。

そして、自分の「裏」を知るための唯一のそして最短の方法。

それこそが、

「モノを捨てる」

事だ。
「モノを捨てる」事で、本当の自分が見えてくる。
何を取って、何を捨てるのかが解る事で、自分にとって必要な事がなんなのか解ってくる。

「片付け」とは

「収納」する事ではない。
まずは、

「捨てる事」から始めるものである。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)