整理をする事で

「片付けが出来るようになる事で…」

あなたにとって、これだけのメリットがありますよ。

あなたの人生が、こんなに良くなりますよ。

そんなアプローチで、片付けを進める事。

「片付けが出来ないと…」
あなたはこんなに困るんですよ。
あなたの周りは、こんなに嫌な気持ちになっているんですよ。

そんなアプローチで片付けを進める事。

どっちの方法も正しい用で、あんまり正しくない気がする。
片付けが出来る、出来ない。この感覚は千差万別。
Aさんから見たらBさんは片付け下手かもしれない。
でも、
Bさんは充分に片付けが出来ているのかもしれない。

逆に、

片付けがへたくそだと思っているCさんは、誰の目から見ても片付けが上手かもしれない。

本人の感覚の中に、「苦手」な意識がある事。
これが、片付問題の第一歩だと思う。

もちろん、片付けが「出来ている」「出来ていない」という最低限の基準は明確にしなくてはいけない。
だけど、それはあくまでも「基準値」。
誰にとっても高いハードルであるべきではない。

多くを求めてはいけない。
無欲でも行けない。

片付けのゴールイメージを作る事は、そんな一人ひとりの想いに応えて行く、大切な大切な作業。

この作業を上手く出来ないと、クライアントはどこにも辿りつく事が出来ない。

それこそが、tadaima!に課せられた大きなプレッシャーでもあるわけです。

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)