ただいま!

【任意団体”tadaima!”】
「ただいま!」って、大きな声で言いたくなるような。
「ただいま!」って、帰る家が素敵な空間であるように。

小難しいビジョンも、ミッションもありません。
ただ、「ただいま!」って帰りたくなるような「家」を作る。

それこそが、僕の想いです。
そのために、あえて、今までは「個人」の問題だった「おウチ環境」に切り込みます!

高度経済成長期をガムシャラに乗り越えて来た日本。
その結果、昔は気にもしなかった問題が浮上して来たのです。

それは、

「片付け」が出来ない。。。

え?って思いますか?
そんなの、問題なんかじゃないよ?
って、思いますか??

僕は思いません。
なぜなら、これだけ沢山の「モノ」や「情報」に溢れた現代においてそれらとの付き合い方や処理の方法を知らない、と言う事は、「モノ」や「情報」に支配されているのと同じ事だと思うからです。
これらは、自分で「支配」して初めて、その役割を果たす事の出来るものだと思います。

ずっと、大量のモノを生産し、沢山の情報を流し、成長してきた結果。
それらの「片付け方」が浸透しないままに、今日になってしまったのではないでしょうか?
例えば、僕のおじいちゃんやおばあちゃんに当たる世代は、戦争を体験し、戦後を逞しく生きて来た世代。
もちろん、「モノ」がない時代を駆け抜けて来ている彼らは、モノを「捨てる」と言う事を道徳として受け入れがたい方が多い。
その子供である僕の「親」世代。
高度経済成長期まっただ中を溢れてくる「モノ」に囲まれながら過ごして来ている。でも、その親から学ぶのは、「モッタイナイ」の精神。それを、言葉そのままに受け取っている限り、溢れてくるモノ達に拘束されてしまう。
整理されていないモノに囲まれる事。支配しきれていないモノに支配された状態。本当にモッタイナイのはこのような状態である。この事を教わる事が出来ないのです。

時代とともに変わってくる社会。
モノとの関わり方も、当然変わってきます。それを、誰かが個人的にアドバイスしなくてはいけない。
世の中には「整理整頓」に関する沢山のマニュアルがあります。どのマニュアルも言っている事は同じです。
それを、一人ひとりに浸透させないと、「モッタイナイ」モノとの関わり方は、どこまでも続くのではないでしょうか?

無料メルマガ”tadaima通信”の購読はコチラからどうぞ!

家事シェア実現のための
ここだけのメソッドを順次公開!
4 SPECIAL CONTENTS
GET!tadaima通信

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)